社会政策学部

To choose a language, please select from the options above. 

Welcome to the School of Social Policy (Japanese)社会政策学部School of Social Policyは、英国における応用社会政策学における有数のセンターとなっています。当校は、学術理論と実践のかけ橋となり、教育、出版物、コンサルタント、および政策アドバイスなどを介して、その研究成果researchを適用することに専心してきました。

150カ国からの4,000人の留学生を含む28,000人以上の学生が学ぶバーミンガム ビジネス スクールは、英国最大規模のインターナショナルな学生コミュニティとなっています。当校では、学生たちに英国の教育システムについて詳しく知ってもらい、学問的英語の習得を助けることにより、留学生International Studentsをサポートしています。

社会政策学区部には、2つの部門があります:

社会政策学部は、世界各国から留学生を迎えてきた豊富な経験があります。長年に渡り、多くの留学生が学位を取得し、バーミンガムでの生活や学習を楽しんできました。当校が留学生に対して行っているサポート、および当校のインターナショナル プロジェクトおよびコラボレーション事業の例に関しては、当校のウェブサイトのインターナショナル セクションInternational sectionをご覧ください。

学部課程

社会政策学部School of Social Policyは、犯罪crime、警察活動policing、保険health、社会医療social care、住宅およびコミュニティhousing and communitiesなど、社会政策social policyの様々な学科における学士号のプログラムを提供しています。また、政策、政治および経済情勢(Policy, Politics and Economics、PPE)Policy, Politics and Economics (PPE) における学位プログラムも提供しています。これは、最前線を行く実世界の問題を、従来の学科の境界を超えて研究する専門学科です。

社会政策学部は、最も歴史のあるソーシャルワーク トレーニング プログラムsocial work training programmeを継続して実施しています。このプログラムは、1908年以降、ずっと実施されています。

当学科における学部課程プログラムに関する詳細は、ここhereをクリックしてください。

大学院課程

社会政策学部School of Social Policyでは、様々な分野の学術修士および理学修士のTaught Master(講義主体の修士号) taught mastersプログラム、Postgraduate Deploma(学位ではないが大学院レベルの資格)、認定書、および他の資格などのプログラムを提供しています。これらは、フルタイム、パートタイム、またはモジュール形式で受講できます。

応用社会研究所The Institute for Applied Social Studiesでは、博士研究課程 research degreeの準備中の学生、および研究researchにおけるキャリアを目指している学生など、ソーシャルワークsocial work、社会政策social policy 、および専門業務professional practiceなどの分野をさらに追求したい大学院生向けの様々な講義主体プログラムprogrammesが提供されています。

保険医療経営センターHealth Services Management Centreでは、保険/社会医療機関における専門家、およびそれら専門家の志願者向けのやりがいのある研究を行う、大学院課程プログラムpostgraduate programmesが提供されています。これらのプログラムでは、学生が知識、スキルおよび自信を身につけ、自身のキャリアおよび組織の両方を発展させることができるようになります。

修士研究課程postgraduate research degreesを含む社会政策学部の大学院生向けプログラムに関する詳細は、当校のウェブサイトwebsite.をご覧ください。

キャンパスライフ

社会政策学部School of Social Policyでは、勉強以上のものmore than a degreeが提供されます。学部生であれ大学院生であれ、当校の学生として、学部、カレッジ、および大学で開催される様々なイベントに参加することができます。社交的なイベントもありますが、個々の経験をまとめたポートフォリオ、履歴書に記載できるようなスキルや経験を高めることを目的としたイベント、社会政策学に関連する最新の論題に関する実績ある講演者の話が聞けるよりオープンなイベントなどもあります。

当校が提供している研究機会に関する詳細は、当校のキャンパスライフstudent experience sectionのページをご覧ください。

施設・設備

社会政策学部は、主に2つの建物、最近修復されたミュアヘッド タワーおよびパーク ハウス内にあります。

応用社会研究所Institute of Applied Social Studiesは、ミュアヘッド タワーにあり、ハイスペックの高度な教育設備が備わっています。建築家アストン・ウェッブによる伝統的な赤レンガの建物にほど近く、研究所は緑豊かなエッジバストン キャンパスの便利な場所にあります。

保険医療経営センターHealth Services Management Centreは、パーク ハウスが1972年に建造されて以来、ずっと同ハウスに拠点を構えています。この建物は、地元のねじ製造業者であったジョン・ホーキンスのために建てられたもので、エッジバストン プールおよび大学キャンパスに近い広い土地に建つ印象的な建物です。